玉川、コロナ禍の日常!

今日、ココカラファインさんに買い物に行くついでに、遊歩道を散歩して来ました。

8月、夏の盛りに咲く花、サルスベリが奇麗に花を付けていました。 ピンクの花が奇麗でした。

一年半以上、コロナ禍の中で、この最悪の時期にも、自然はいつも通り四季を感じさせてくれます。下の写真を見て下さい。

木陰の遊具には、夏休みなのに子供一人いませんでした。寂しい光景ですね。

こんなに頼りない国だったでしょうか?

変化が必要な時期に来ているのかも知れませんね。少し怖いと感じています。