アライグマが罠にかかりました。(野菜作り編)

久しぶりに、野菜作り編の投稿です。

いつも野菜作りをさせていただいている、清水農園での出来事です。

今年もトウモロコシやジャガイモ、枝豆、ソラマメ等の夏野菜を作りましたが、これからトウモロコシを収穫しようと、ふくらんできたトウモロコシを楽しみに見ていたのですが、ある日40本くらいのトウモロコシが無残に食べられて捨てられていました。

農場主の清水さんが、農協から動物捕獲用のゲージ(罠)を借りてきて、設置しました。

ある日、そのゲージを見ると何かが入っていました。最初は、タヌキかとみんなで見ていたのですが、写真を見た方がアライグマじゃないかと教えてくれました。

その写真がこちらです。

なかなか、こんな風に罠につかまる事はまれなようです。トウモロコシを美味しくいただいたのは、この子なのかと驚きました。

危険な動物の様で、ゲージに近づくと「シャー」とうなって威嚇してきます。

どうするのかとお聞きしたら、農協の方でしかるべき施設に連絡をして引き取りに来ていただいたそうです。

本物のアライグマを、この世田谷でま直に見る事ができるなんて、ビックリです。