多摩川河川敷の整備が進んでいました。

先日、散歩がてら鎌田1丁目の売り物件(戸建て・土地)を見て回りました。

久しぶりに堤防に上って河原を眺めて、広々としたおおらかな気持ちにさせてもらいました。気持ちを良くして帰って来ました。

台風19号により荒れ果てた河原は、奇麗にごみは片づけられ、しっかりと復旧していました。たいしたものですね、日本は。

そういえば、堤防を降りて帰り道にすごい標識を見つけました。

電柱に付いていた標識は、「想定浸水深 5M」とあり、英語・中国語・韓国語で表示されており、「この場所は多摩川が氾濫すると5.0m浸水する可能性があります」とあります。世田谷区/setagaya City とあり、世田谷区が設置した様です。

その周辺を探したのですが、この1枚だけしか見つけられませんでした。すごく目立たない所に1枚だけ設置しても、余り効果はないと思うのですが・・・。

それより、想定5.0m浸水ってほとんどの住宅が水没しますね。

玉堤通りに面した我が社は野川の先ですが、大丈夫なのでしょうか?