多摩川の氾濫?台風19号

昨日、2019年10月12日に静岡に上陸した台風19号は、大変な雨と風による影響を残しました。被害に会われた方には、心よりお悔やみ申し上げますと共に、1日も早い復旧をお祈りしています。私の家も、夜9時頃の雨風には大変恐怖を覚えました。

テレビでも何度も放送された「玉川の氾濫」につきまして、翌日の朝、現地周辺を見て回った事をご報告させていただきます。

「玉川3丁目の氾濫」ですが、駅から徒歩2~3分の兵庫島に渡る橋が有ります。その橋に降りて行く道は、玉堤通りの堤防の中に有り、堤防は246号の通りで切れています。緑の部分が堤防の場所を示しています。

オレンジ色の部分が水が溢れた所です。 橋は、手すり部分が流されて支柱だけ見えています。

下流(駅の反対側)部分は、以前内側堤防の改修工事(一部スーパー堤防仕様)がされていましたが、今回未改修のオレンジの部分から水が上がって、その下流の堤防の外側道路を流れて行った様です。

水が溢れた場所の目の前は、マンション「ブランズ二子玉川」でエントランスが防水壁で守られていました。その隣の「カメリアコート二子玉川」には、半地下を店舗として賃貸されていましたが、今回の台風で水が入ってしまいました。設備や備品は水に浸かってしまった様です。

普段は、水が溢れた道路から兵庫島へ渡る橋まで約4~5mぐらいの高低差があります。しかし、この部分は大きな黒い土嚢が何個か置いてあるだけでした。私が知る限りでは、以前今回程ではないですが1度少し水が溢れたことがありました。堤防の改修計画は、既に案として検討はされている様です。

先の堤防は改修しても、その上流の部分が間に合わなかったという事になりますね。どうか、早急に計画を実行していただきたいと思います。

それから、玉堤の浸水は多摩川ではなく、支流の丸子川が溢れたものと思います。

編集後記:世田谷の「二子玉川」が報道されたので、友人や親戚から「大丈夫か?」というメールやラインが来て、返信が大変でした。